北海道旭川 家具製造会社 株式会社アーリー・タイムスアルファ 北海道上川郡東川町北町13丁目1番1号 北海道旭川本社・ショールーム TEL.0166-82-2400




樹種名・・・オーク・ホワイトオーク

科 目・・・ブナ科の Quercus 属の落葉広葉樹。環孔材。学名 : Quercus alba L.



性 質・・・一般に木理は通直である。材は重硬で強靭。乾燥や切削などの加工はやや困難。釘打ちは穴あけ加工が望ましい。
      国産のミズナラよりも全体的に木目が荒く、色が白いのが特徴。 耐久性はあるが、ヒラタキクイムシの虫害にあいやすい。
      レッドオークと比べると狂いが出やすい。 気乾比重 : 0.68~0.75


■ホワイトオーク材柾目


■ホワイトオーク材板目


オーク材/M色(ポルカ色)


■オーク材/L色


オーク材・ナラ材/B色


オーク材・ナラ材/D色


オーク材・ナラ材/A色


オーク材・ナラ材/ウェンジ色




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・バラ科サクラ属の広葉樹。散孔材。学名:Prunus serotina
────────────────────────────────────────────────────

性 質・・・木質はやや軽軟で加工は容易。木肌は緻密で表面の仕上がりは美しい。
      入り皮が入ることが多いのが難点。 心材は耐久性があるが、辺材は虫
      害に弱い。乾燥はかなり速いが、収縮率はやや高い。
      気乾比重 :0.55


────────────────────────────────────────────────────

■ナラ材




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・ブナ科コナラ属の広葉樹。学名 : Quercus spp
────────────────────────────────────────────────────

性 質・・・木理は通直であるが肌目は粗い。適度の堅さで、加工も容易。スチーム曲
      げにも適している。耐久性はホワイトオークより劣る。気乾比重 : 0.70



────────────────────────────────────────────────────


■レッドオーク材柾目




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・バラ科サクラ属の広葉樹。散孔材。学名:Prunus serotina
────────────────────────────────────────────────────
性 質・・・木質はやや軽軟で加工は容易。木肌は緻密で表面の仕上がりは美しい。
      入り皮が入ることが多いのが難点。 心材は耐久性があるが、辺材は虫害
      に弱い。乾燥はかなり速いが、収縮率はやや高い。
      気乾比重 :0.55


────────────────────────────────────────────────────


ブラックチェリー材板目




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・クルミ科 Juglans属の落葉広葉樹。学名:Juglans nigra L.
────────────────────────────────────────────────────


性 質・・・木質はやや重硬で、狂いが少ない。木肌はやや粗いが、ペンキやステ
      インによくなじみ、艶出し加工で美しく仕上がる。加工性も良く、釘
      打ちやネジ、接着の強度が保たれる 。気乾比重 : 0.63  


────────────────────────────────────────────────────


ウォルナット材板目




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・カエデ科の落葉広葉樹。散孔樹。学名 : A.saccharum ssp.
────────────────────────────────────────────────────


性 質・・・材質は重硬で肌目は緻密。加工はやや難いがステインやつや出し加工で
      美しく仕上がる。接着性も良い。気乾比重 : 0.70


────────────────────────────────────────────────────


ハードメープル材板目




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・ヤナギ科の落葉広葉樹。散孔材。
────────────────────────────────────────────────────


性 質・・・材質は軽くて弱く、やや軟らかい。耐朽性は低い。切削すると材が毛羽
      立ち、仕上げに手間を要することがある。気乾比重 : 0.45


────────────────────────────────────────────────────


主に芯材・ベッドのスノコにも使用




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・ゴマノハグサ科キリ属の落葉広葉樹。散孔材に近い環孔材。
      学名 : Pauloumia tomentosa
────────────────────────────────────────────────────


性 質・・・日本の木材中最も軽く、切削等の加工は極めて容易。反面、強度は劣る。
      湿気を通過することが少なく割れ、狂いが少ない。研磨すれば光沢を出
      す。気乾比重 : 0.19~0.30


────────────────────────────────────────────────────


桐材


■桐芯材・集成材




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・エゾマツ 【蝦夷松】 Yezo spruce
────────────────────────────────────────────────────


性 質・・・比較的軽軟な材で保存性は低い。乾燥は容易であるが割れやすい。切削
      などの加工は容易で、表面仕上げも良好。気乾比重 : 0.47


────────────────────────────────────────────────────


芯材に使用




────────────────────────────────────────────────────
科 目・・・マツ科モミ属の常緑針葉樹。学名:Abies sachalinensis
────────────────────────────────────────────────────


性 質・・・材質は軽くて弱く、やや軟らかい。耐朽性は低い。切削すると材が毛羽
      軽軟な材で、保存性は低い。切削などの加工は容易。入皮・やにつぼ・
      大きい生節・あてなどの傷があらわれやすい。気乾比重 : 0.42



芯材に使用